2020年TS(タイムスリップ)第1弾選手一覧評価と最強ランキング

2020シリーズ1のTS(タイムスリップ)第1弾選手が登場

2020年シリーズのTS選手第1弾がスカウトに登場しました。

毎年豪華ですが、今年もすごいですね。

2020年のTS第1弾登場選手一覧はこちら。

球団 選手 ポジション
西武 松坂大輔 先発
ソフトバンク 杉内俊哉 先発
楽天 嶋基宏 捕手
ロッテ 大松尚逸 レフト
日ハム 小笠原道大 サード
オリックス 北川博敏 ファースト
巨人 山口鉄也 中継ぎ
横浜 三浦大輔 先発
阪神 能見篤史 先発
広島 栗原健太 ファースト
中日 福留孝介 ライト
ヤクルト 川端慎吾 サード

投手:5名
野手:7名

とても豪華な選手たちですね。

それでは、この選手たちの評価を見ていきましょう。

2020シリーズ1のTS(タイムスリップ)第1弾選手評価一覧

当サイト管理人が思う当たり選手順で評価を見ていきましょう。

1位 中日 – 福留孝介選手

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング1位福留孝介

S~Eの6段階評価
総合評価 S
攻撃力評価 A
守備力評価 S
特殊能力評価 A
リアタイ評価 S

シリーズ1で総合力ならナンバーワンライトと言っても過言ではないのではないでしょうか。守備はダントツです。レフトでもここまで守れる選手はいないので絶対ほしい選手だと思います。現役で阪神としても登場しているので、Aランクの集めやすさ、今年のエキサイティングでも登場するので凸しやすさ、そして称号もつけやすいのでTSの中でも超がつく人気選手ですね。

TS 福留孝介2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

2位 日ハム – 小笠原道大

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング2位小笠原道大

S~Eの6段階評価
総合評価 S
攻撃力評価 S
守備力評価 S
特殊能力評価 S
リアタイ評価 S

今年コーチとして日ハムに復帰した北のサムライ。攻守共にハイレベル。現役選手も今の段階でサードが出てますがその誰よりも総合力で上です。過去にもTSで日ハムだけじゃなく巨人版も出ているので継承したい人もたくさんいそうですね。

TS 小笠原道大2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

3位 西武 – 松坂大輔

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング3位松坂大輔

S~Eの6段階評価
総合評価 A
投手ステータス評価 S
変化球・適性評価 B
特殊能力評価 B
リアタイ評価 B

平成の怪物が早速の第1弾で登場です。もちろん忖度込みのA評価です笑 というのも、プロスピでめっちゃ使えるかっていうとトップクラスではないんですよね。とはいえ制球もBに乗っているし、球威スタミナが84の同値というのはかなりオーダーに入りやすいステだと思うのでそこはポイントが高いです!なにより思い入れがあるって人が多いんじゃないでしょうか。今の子供達は知らないのかな・・・

TS 松坂大輔2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

4位 ソフトバンク – 杉内俊哉

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング4位杉内俊哉

S~Eの6段階評価
総合評価 A
投手ステータス評価 S
変化球・適性評価 A
特殊能力評価 B
リアタイ評価 B

現在は巨人のコーチですね!ホークスバージョンでの登場です。もちろん総合的に能力は高く、純正のみならず欲しい人はいるんじゃないでしょうか。ちなみにベンチを殴って骨折したのは2004年なのでこの1年前の年ですね。その時はダイエーでした。

TS 杉内俊哉2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

5位 巨人 – 山口鉄也

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング5位山口鉄也

S~Eの6段階評価
総合評価 A
投手ステータス評価 S
変化球・適性評価 A
特殊能力評価 A
リアタイ評価 B

毎年のように投げまくってた鉄腕サウスポーです。引退も早かったですが大きな戦力でしたね!やっぱ後ろが盤石だと安心します。もちろん全盛期の能力なのでハイレベルなステで登場です。中継ぎでここまでの投手はなかなかいないので是非使いたいですね!

TS 山口鉄也2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

6位 広島 – 栗原健太

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング6位栗原健太

S~Eの6段階評価
総合評価 A
攻撃力評価 A
守備力評価 D
特殊能力評価 S
リアタイ評価 B

ミートは申し分なく高く、パワーは惜しくもAに届かない位置にいますね。特能も込みで攻撃力はかなり高いので広島純正は絶対、ファーストとDHが埋まってない人はほしいところですね。

TS 栗原健太2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

7位 横浜 – 三浦大輔

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング7位三浦大輔

S~Eの6段階評価
総合評価 B
投手ステータス評価 A
変化球・適性評価 B
特殊能力評価 A
リアタイ評価 C

巨人にいたら200勝できたんじゃないかと言われているばんてふ。長い現役生活を送り、現在はラミちゃんのもと投手コーチをやってますね。スピードはなくともそのコントロールと投球術で長いイニングを投げてきましたね。ベイス純正は絶対に取りたい選手になりますね!

TS 三浦大輔2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

8位 阪神 – 能見篤史

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング8位能見篤史

S~Eの6段階評価
総合評価 B
投手ステータス評価 A
変化球・適性評価 A
特殊能力評価 D
リアタイ評価 B

ノウミサン!もうTSで出てくるんすね。先発でごりっごりやってた時のステータスでの登場です。称号もいろいろ選択肢がありますね。現役版を持っている人も多いと思うのでそういう人はぜひ取りたいですね!凸5必要ですが中継ぎもできるので中継ぎとしてはかなりハイレベルになりますね。

TS 能見篤史2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

9位 ヤクルト – 川端慎吾

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング9位川端慎吾

S~Eの6段階評価
総合評価 B
攻撃力評価 B
守備力評価 B
特殊能力評価 A
リアタイ評価 B

2015年のリーグ制覇した時のステですね。2番に川端選手を置くという今となってはくじ引きの人となった真中監督の名采配です。プロスピでは好打者は評価が低くなってしまうのが残念なところ。よく神宮球場でも見ました。登場曲のファンモンの悲しみなんて笑い飛ばせは当時管理人のシューカツのテーマソングに採用いたしました笑

TS 川端慎吾2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

10位 オリックス – 北川博敏

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング10位北川博敏

S~Eの6段階評価
総合評価 B
攻撃力評価 B
守備力評価 C
特殊能力評価 C
リアタイ評価 B

この人はもう特にいうことはないでしょう。近鉄の優勝を代打逆転サヨナラ満塁ホームランで決めた男の中の男です。とは言ってもシーズンもけっこう打ってましたね。きっちりサヨナラ男はついてますが満塁男はついてません。まあついてたら特能何も発動しなくなるけどな。

TS 北川博敏2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

11位 ロッテ – 大松尚逸

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング11位大松尚逸

S~Eの6段階評価
総合評価 C
攻撃力評価 B
守備力評価 D
特殊能力評価 B
リアタイ評価 C

ネット上では若干ネタ感も出てきてますが勝負強いバッタービッグマツです。食えません。ついに出てきましたか。というか今回は嶋選手川端選手もいるのでヤクルト確率が25%ですね。ステはTSならもうちょい強い人来て欲しかったな感は否めませんがロッテ枠としていかがでしょうか。

TS 大松尚逸2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

12位 楽天 – 嶋基宏

2020年TS(タイムスリップ)選手当たりランキング12位嶋基宏

S~Eの6段階評価
総合評価 C
攻撃力評価 C
守備力評価 D
特殊能力評価 A
リアタイ評価 D

楽天が優勝した時のキャッチャーですね。日本代表でもマスクをかぶっていました。今年からヤクルトに移籍したのですがまあまあ全盛期と能力がかけ離れているというところで出てきたのでしょうか。楽天純正は必須の選手になるのでガチ勢は取りに行かなきゃですね!

TS 嶋基宏2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

2020年TS(タイムスリップ)選手最強ランキング早見表

さて、以上の当たりランキングを表でまとめると、こちらになります。

2020TS第1弾最強ランキング
順位 総合評価
1位 福留孝介 S 
2位 小笠原道大 S 
3位 松坂大輔 A 
4位 杉内俊哉 A 
5位 山口鉄也 A 
6位 栗原健太 A 
7位 三浦大輔 B 
8位 能見篤史 B 
9位 川端慎吾 B 
10位 北川博敏 B 
11位 大松尚逸 C 
12位 嶋基宏 C 

もちろん、純正チームやオーダーの状況によって当たりかどうかは変わってきます。

こちらはあくまで今回のTS第1弾の中での管理人の個人的な見解です。

TS第2弾はいつ?

さて、次はTS第2弾ですね。

登場時期は5月末頃です。

それまでしっかりとエナジーをためておきましょう。

最後に

TSはシリーズ1の目玉スカウトなだけあり、第1弾からかなり豪華でした。

第2弾も楽しみですね。

それでは、管理人はこれにてベンチ裏に引っ込みます。